英語100時間チャレンジ

■100時間チャレンジシートのダウンロードはこちら
100時間チャレンジシート

■まずは100時間にチャレンジ!
英語は道のりが長く、成果が見えにくいのでモチベーションを保つのはなかなか大変です。
しかしながら、継続なくしては言語を使いこなすのは無理なので
まず、「100時間は続けてみよう」という提案です。

1000時間が目安と良く言われますが、これはなかなか道のりが長いので、
まずは100時間をゴールに。
また、100時間を達成したころには、「もう、やーめた」としてしまうのが、
とてつもなく「もったいない!」と思うようになるものです。そうなればしめたもの。
そのままどんどん、200時間、300時間と続けてみてください。

小数点以下何位になっても「1」がどこかに入る限り、加算して進んでいくもの、
「0」と「1」との決定的な違いは、停止か進歩か、です。

ここまでやったんだから…と、
自分で決めたことを、ここまで達成できたのだから、と、
ちょっとずつでも続けていく力は侮れません。

最初はドドンと立ちはだかるばかりで、とりかかりようのないような英語でも、
ある日、ふっと「あれ、楽になった」という体験は、私を含めて
多くの人が体験しています。

往々にして、私たちは
一日に出来ることを多く見積もりすぎたり、その割には
一年間で出来ることを、見くびってしまうクセがあるので

細切れ時間でも、コツコツためて
「100時間を見た目で実感してみる」シート、ぜひご利用くださいませ!

シートは、1マス10分で、6個ずつに同じ色をつけて1時間、とわかるようにしてあります。
10時間ごとに、自分へのご褒美を設定していきます。
忙しい日々の中、10時間ひねり出すのは十分にご褒美に値しますのでぜひ、設定なさってくださいね。

1ページ目は記入例、2ページ目はお好きに使っていただけるようにしてみました。
PDF ファイルで開きますので、どうぞダウンロードして印刷してお使いくださいませ!
100時間チャレンジシート

どこかの街角で頑張るお仲間と体験共有・100時間チャレンジコミュニティも開催しています。
「英語100時間チャレンジ」コミュニティオープンのお知らせ:参加無料・大歓迎!

  • nicolaos

    I have read your very instructive English conversation.
    Thank you very much for your lesson.
    Nicolaos

  • Hi Nicolas,
    Thanks for your kind words! I appreciate you taking the time to write awesome comment 🙂 Keep on going! I also recommend Phrasemix.com, it’s a very helpful site!
    Thanks again,
    Misako