英語を日本語として整形せずに理解するクセを

英語といえば、学校の授業・試験でのつきあいが長かった私たちは、
英語は科目の一つではあれど、なんというかこう、
学習の対象としてだけ考えていて(そうでなければ間に合わなかったという現実もあり)
「他の国の言語」である事実を、ウッカリして忘れることもありますね。

他の国……違う文化、性質の違う言語…この事実は大きいのです。
つまり、日本語脳ではつきあいにくい、ということなんです。

これを頭の片隅に置いておくと、
あ、なるほどね! そういうものなのね!と、つきあいがラクになることも多いもの。
この記事が、そんなヒントになれば幸いです(^^)

 ■日本語と語順が違う英語は、整形せずに理解する 

1)日本語と英語は語順が違うことを納得する

日本語は周囲の状況を説明することから入り、行動結果を表すことが多いですよね。

(主人公の存在は暗黙の了解として特に表現する必要もなく)

周りの状況がこうだから、

こういう時はこう考えるのが妥当だから、

こうしたのよ。

と、いう感じ。
聞き手も状況を聞いて、
流れをなんとなく想像して、納得行きやすいスタイルが非常に多いものです。

一方、英語の方は、
私はナニナニだ、なぜならば… という、
なにはともあれ「主人公がなにをした」の結論ズドン、
それから、アレコレ状況をくっつけていく方法です。

例えば、
日本語の語順→「土砂降りだから、傘が必要だ」
英語の語順 →「ワタシ必要なのよ、傘が。土砂降りだも~ん」
I need an umbrella because it’s pouring.

二つの言語の間では、こんなに短い文章で比べてみても、
語順の違いが一目瞭然です。

だって土砂降りだも~ん。
なんて英語の語順で答案用紙に書いたら確実に怒られますから、
日本語として平らな表現になるように、
「雨が降っているから…」と、文の後ろにある情報を
文の頭に持ってきたりするわけですが、
これは日本語として慣れた響きにするための、整形作業をしているワケです。

ただし、これを、話し言葉でこれをやっているヒマはありません。
実際のおしゃべりでは、話題は流しそうめんみたいなもの。
流れ来る順番どおりに見ていかないと、ど~んどん流れ去っていくのです。

基本的に語順の違う言語に整形しようとすることは、
「アッ!流れていったあの情報を先に持ってこなくては!」
ダダダーっと下流に走って目的のそうめんの固まりを捕まえ、
上流に放して順番を整えようとして
「待てコラ!」とそうめんと一緒に永遠に走り続けて…(エンドレス)
などという、実に現実離れしたワザを求めることでもあるんです。

口から出たとたん音が消えて行く会話、
特に、スピーチやインタビューでもない、
思考のぶっ飛ぶままに繰り出される普段の会話内容では、
語順の違いを「日本語にして整形すべきもの」として扱っている時間はないのが現状です。
(だから通訳や翻訳の人は、プロになるための訓練を積むわけです)

そして、本を読む時も、スリルやサスペンスにハラハラドキドキするときに、
日本語として整形しながら読み進めるのは、ものすごく大変。
次が知りたいのに、でも、一文を読むのに頭のなかでは何度も往復をしてしまっているので
途中で「じれったい」ってなってしまう大きな原因と思います。

2)文節ごとに区切って行く
とはいえ、大人の場合は、すでに母国語として持っている財産である情報量をすべてあきらめ、
英語だけで1から理解しろというのも理にかないませんので

「文章として日本語で形を整えるステップ」だけは完全に捨てて、
文の意味の固まり (thought group = 文節) で、
聞いた順番、目にした順で、片っ端から
意味を拾っていくのが、おすすめです。

これをスラッシュリーディングということもあります。
どこで区切るかの目安はいろいろありますが、
だいたい、
・ コンマ,セミコロン,コロン,ダッシュが出てきたら
・in, at, on, などの前置詞のあたり
(↑ただし、”put off” や “look out” などの熟語に注意)
・because, if, などの文章同士をつなぐ接続詞の前
・wh- で始まる語句(what, why, where, when, whether)と、that の前
・to不定詞とか、動名詞の前

などがあります。
(また順番を追って説明していきたいと思います)

こんな風に、どこで区切るかの目安ができたら、
英文に出会ったらどんどんアタマから、
日本語として整形せずに理解していくクセをつけていきましょう。
この方が、英語が持つ、言語のクセに慣れていきやすくなります。

オマケ)文節に区切るための基本的な文法力は役に立つ
ここまで読んでくださって、お気づきの方は多いと思いますが、
どこで文が区切れるか、そこを知るためには、
やはり文法の力が大いに役に立ってきます。

ただ、文法を学んで行くと、「間違いが怖くなる」という
副作用が出ることもあります。
英語と言えば試験勉強と対になっていた経験から思えば、これは仕方の無いことですよね。

そのせいか、文法の勉強そのものが、
とにかく悪者扱いされることもありますが、意味がわからないものを繰り返せる子どもと違って、
大人になった脳みそは、納得したいもの。

そこで、文法への考え方を矯正する必要も出てきます。
つまり、文法=私たちの言葉の使いっぷりを裁く存在…じゃあなくって、
言語の構成を説明してくれている、便利な道具、
自転車の補助輪扱いにしてみるのもお奨めです。

最初は、よろけるたびに(不安に思うたび)、
さんざんお世話になり、そこにあることに安心感を得て、
でも、練習をしていくことによって、
いつかは頼らなくてよい存在になって行く(意識しないですむようになる)もの…という感覚で、
第二言語として英語と付き合う以上は、しっかりつきあっちゃうのが吉、とお薦めします。

文法の話はまた、別の機会に(^^)

  • はじめまして。

    いつも拝見・・と、ちょっと間が開いてましたね。

    今、ほぼ20年ぶりに学校に通って英語を習っているのですが、今だからわかる文法の大切さみたいなものが判ってきました。
    だから今回の記事に書かれている内容がとっても理解できて共感できました。
    でもやっぱり文法は難しくて・・、意識しすぎたらダメですね。

    これからもちょくちょく尋ねさせてもらいます。

    (勝手ながら、リンク張らせてもらいました)

    JIGEN3

  • Misako

    ■JIGEN3 さま♪
    コメントありがとうございます!本当にしばら~く留守にしてしまいましたのに、ご訪問いただけてすごくウレシイです!おまけにリンクまで…ありがとうございまーす!
    大人になって英語を勉強しなおすと、「納得」が与えてくれる満足度におどろくことっありますよね。
    そうですね、文法は、知っている単語や短いフレーズをつなげてくれる道具ではありますが、何しろ、固い表現が多いので、おっしゃるとおり意識しすぎず、気楽に「こんなものなのね」というお付き合いが良いかと思います(^^)
    ある日、「ああ、そういうことかっ」と全然関係ない時/ところで納得したりしますので…♪ ひさしぶりの英語の大人勉強、楽しんでくださいませ!

    今頃、四国を走っておられるのかしら…(^^) Have a good one!