Fの音

HとFの音は、日本語では両方とも「ハヒフヘホ」で代用できるので
実際に使う場面がやってくると、相手に上手く伝わらず、とまどいが多い音でもあります。
今日は、F の音を整理していきましょう。

F は、上の歯を下唇にのせて、
歯と唇の間からF! と出す息で作る音です。
上の歯を乗せるところは、下唇のうんと内側(薬用リップさえ塗らないような内側)で大丈夫です。
単語の中で、単独で F! ということは滅多にありませんから、
うんと内側につけて F を出したほうが、次の音への移行がラクチンで、相手にも正しく伝わります。
キモは、歯と唇(の内側が)触れている、その間を息が通ってくる、ということです。
ここはシッカリ気をつけてみてください。

単独では声を使わない音なので、ノドに指を2本ほどあてて、
F!と音を出すときに、振動がないか確認しましょう。
振動していると、余分な母音が入っています。F は、純粋に息だけの音です。

日本語はすべての音に母音が入っていて、「声」という味方がありますから
息の分量を気にすることなど、普段はありませんが、
英語は「息だけで作る音」があります。
声を使わない分、息をしっかり吐き出すことを意識してみましょう。

顔の前に紙やティッシュペーパを置いて、歯と唇の間から F! という息で動かしてみましょう。
音を単独で出すときには、このくらい大げさに練習する方が、口まわりの筋肉がコツを覚えやすいようです。

********************************************************************
管理人のズッコケ・脱線を笑っているうちに、いつのまにか英語のツボが見えてくる!
そんな評判をいただいている本館はこちら: オンラインで楽しく英会話上達ブログ・オンタノ

** みなさまが英語と楽しくつきあっていただけますように!Have a wonderful one 😉 **