B と V を使い分ける

カタカナアルファベットだと、Bは「ビー」、Vは「ブイ」と
言いかえて覚えてしまっているために、
いざ、BやVが入った言葉の発音をしたり、聞き取りをするときには、
英語圏の人からすると、しっかり区別がつきにくい音になってしまいがち。

BとVのように、良く似た音の場合、
発声練習をしてしまったほうが、聞き取りも早くできるようになるので
今日は、BとVをしっかり練習してみましょう。

・Bの発音は、唇と唇がくっついている状態から発音するのが特徴です。
  カタカナのバビブベボと近い音の出し方ですね。

・Vの発音は、上の歯を下唇にあてた状態から発音するのが特徴です。
  カタカナのバビブベボとはしっかり区別したい音、
  学校で「ブイ」と覚えるよりは、ヴィーと教えていただきたかったものです。

動画で練習をしてみましょう。

この、Vの発音…「上の歯を下唇にあてた状態」というのは、
下唇に上の歯を当てて出していきますが、次の音を続けて言いにくいときは
上の歯が下唇に触れているのは必須ですが、
「下唇のやや内側」←「薬用リップや口紅を塗らないような内側」
「「唇」と「口の中」の間」で、通じる音が出せます。