Thought Group について

日本語を母国語にしている私たちからすれば、 文章を見れば単語ごとに区切りたくなるのは自然なことですが、 英語では、単語のかたまり「文節」ごとにまとめて言うことが多いので、 単語同士の区切りを無視し、はしょったり、くっつけて一気にしゃべるために音が変わってしまうことが良くあります。 また、英語は、文章の中で「ナニが」「ドウシタ」の役割を果たしている部分や 自分が伝えたいところを強く(大きめ、高めのピッチ、長めのイントネーションで)言う分、 前置詞や接続詞などは、サラッと流すように言ってしまいます。 そこで慣れ親しんだ日本語のように単語ごとに音を拾おうとすると、 どうしても「納得がいかない」音がたくさんでてきます。 書かれたとおりに発音しない、ということばは、 普段使っている日本語では滅多にありませんので、この戸惑いは無理もありません。 でも、だからこそ、英語は日本語とは違うリズムのとりかたをする、つまり 文の意味の固まり (thought group = 文節) で区切られる、ということを 理解しておくと、英語のリズムに慣れやすくなります。 文節で区切ることをスラッシュリーディングということもあります。 どこで区切るかの目安はいろいろありますが、 だいたい、 ・ コンマ,セミコロン,コロン,ダッシュが出てきたら ・in, at, on, などの前置詞のあたり (↑ただし、”put off” や “look out” などの熟語に注意) ・because, if, などの文章同士をつなぐ接続詞の前 ・wh- で始まる語句(what, why, where, when, whether)と、that の前 ・to不定詞とか、動名詞の前 などがあります。 ここまで読んでくださって、お気づきの方は多いと思いますが、 どこで文が区切れるか、そこを知っていくためにはやはり慣れが一番ですが、 基本的な文法の力も大いに役に立ってきます。 ただ、文法を学んで行くと、「間違いが怖くなる」という 副作用が出ることもあります。 ルールの分析をしすぎて、かえって実際の会話から離れてしまっている文法本も確かにあります。 そのせいか、文法の勉強そのものがとにかく悪者扱いされることもありますが、大人になった脳みそは、納得したいもの。 慣れるにしても、ある程度の法則を理解していた方が楽にこなせることは多いのです。 文法でガチガチになってしゃべるのが怖くなってしまっては元も子もありませんが、 … Continue reading Thought Group について

Flap T

米語では、ときどき T の音は flap t として発音されます。 普通の t は、舌を上あごにくっつけて、息をそこでせきとめて、 「Tッ!」という感じで、息をはじき出してつくる音です。 (参考記事→ T の音 ) これに対して“flap t” は、舌が優しく上あごをタップするように作る音です。 このため、息を強く出して出す t の音よりも、どちらかと言えば、d に似た音になります。 とはいえ、素早くつくるこの音は完全な d の音ではないので、日本語に慣れている私たちには、 「ラリルレロ」に近い音で聞こえることも多いでしょう。

英語の音節

最も小さなひとまとまりの音のことを、音節 (syllable) と呼びます。日本語は1文字=1音節の言語ですので、文字数=音節数となります。 文字を数えつつ「5,7,5」と綺麗に俳句が詠えるのも、 この文字数=音節数のおかげですね。 一方、英語には子音だけの音があるので、(声を使わない音もありますから) 単語に含まれる母音を中心にして音節が作られていきます。 このため、一目で音節数がわかる日本語と違って、文字数と音節数は一致しません。

音の脱落・消失 (elision)

■性質の違い 私たちは英語の授業に触れる前に、日本語として読みやすいように充てた「ローマ字」を習いますよね。その後の授業も読み書き英語が主流ですから、頭の中で読む英語は「一文字一音である日本語の音」にしっかり変換されているはずです。このため、実際の英語の音に接したときに頭の中のデータベースにある音と一致せず、「一体なんなんだ!」となりがちです。この混乱状態のまま練習を続けるのは大人には辛いので、練習に入る前に、英語の特徴を理解しておくのも一考です。