話し手の感覚から見る「否定疑問文」や「タグクエスチョン」の答え方

 ■Yes? No? なんとかならんものなのか  Negative question、 否定形から始まる疑問文の答え方については 多くの方が「混乱する期間」を経験していくことと思われます。 私も、最初は激しく混乱して固まっていましたから、 かかずに済む恥を、鬼のようにかいてきました。 数知れぬ失敗の中から、「あ、そうか、そういうことか」と カチッ! と納得した経験を、皆さんにお伝えしたいと思います。 学校や文法書では、否定で質問された場合、 答えに肯定文が続く場合は Yes 、 否定文が続く場合は No を置かなければならないので…、 などと、実は判別が難しいことをサラリと教わってきただけで Yes と No が入れ替わるの?!その理由は? というところに触れてはいません。 でも、実は Yes と No が文法の約束ごとだから入れ替わる、というのではなくって、 話し手の見ている場所、注目していることが違うのです。 学校での勉強は試験に向けて忙しいので、 この事実を、しっかり納得しているヒマがなかったと思うんですね。 文法のルールで「覚えたこと」といえども、 「知っている」けれども「使える状態にまで至っていないもの」は、 とっさの反応が求められる会話では、ほとんど活躍してくれません。 何しろ会話はズンズン進んでいっちゃいますので、 こちらの頭の中で ……えーっと、否定形で聞いてきているときは、 Yes が No で、No が Yes だったよね、えっと、 えー、to be or not to be…… と固まっているうちに聞きなおされたり、諦められたり、 ハタマタ自分が開き直って「返事?それどころかっ(怒)」となりがちです。(ハイ、経験者) でも、異国の言葉は、異国の文化。 … Continue reading 話し手の感覚から見る「否定疑問文」や「タグクエスチョン」の答え方

英語を日本語として整形せずに理解するクセを

英語といえば、学校の授業・試験でのつきあいが長かった私たちは、 英語は科目の一つではあれど、なんというかこう、 学習の対象としてだけ考えていて(そうでなければ間に合わなかったという現実もあり) 「他の国の言語」である事実を、ウッカリして忘れることもありますね。 他の国……違う文化、性質の違う言語…この事実は大きいのです。 つまり、日本語脳ではつきあいにくい、ということなんです。 これを頭の片隅に置いておくと、 あ、なるほどね! そういうものなのね!と、つきあいがラクになることも多いもの。 この記事が、そんなヒントになれば幸いです(^^)  ■日本語と語順が違う英語は、整形せずに理解する  1)日本語と英語は語順が違うことを納得する 日本語は周囲の状況を説明することから入り、行動結果を表すことが多いですよね。 (主人公の存在は暗黙の了解として特に表現する必要もなく) 周りの状況がこうだから、 ↓ こういう時はこう考えるのが妥当だから、 ↓ こうしたのよ。 と、いう感じ。 聞き手も状況を聞いて、 流れをなんとなく想像して、納得行きやすいスタイルが非常に多いものです。 一方、英語の方は、 私はナニナニだ、なぜならば… という、 なにはともあれ「主人公がなにをした」の結論ズドン、 それから、アレコレ状況をくっつけていく方法です。 例えば、 日本語の語順→「土砂降りだから、傘が必要だ」 英語の語順 →「ワタシ必要なのよ、傘が。土砂降りだも~ん」 I need an umbrella because it’s pouring. 二つの言語の間では、こんなに短い文章で比べてみても、 語順の違いが一目瞭然です。 だって土砂降りだも~ん。 なんて英語の語順で答案用紙に書いたら確実に怒られますから、 日本語として平らな表現になるように、 「雨が降っているから…」と、文の後ろにある情報を 文の頭に持ってきたりするわけですが、 これは日本語として慣れた響きにするための、整形作業をしているワケです。 ただし、これを、話し言葉でこれをやっているヒマはありません。 実際のおしゃべりでは、話題は流しそうめんみたいなもの。 流れ来る順番どおりに見ていかないと、ど~んどん流れ去っていくのです。 基本的に語順の違う言語に整形しようとすることは、 「アッ!流れていったあの情報を先に持ってこなくては!」 ダダダーっと下流に走って目的のそうめんの固まりを捕まえ、 上流に放して順番を整えようとして 「待てコラ!」とそうめんと一緒に永遠に走り続けて…(エンドレス) などという、実に現実離れしたワザを求めることでもあるんです。 口から出たとたん音が消えて行く会話、 … Continue reading 英語を日本語として整形せずに理解するクセを