N の音

日本語の「ン」と “n” の違い 今日は日本語の「ン」と “n” の違いを確認してみます。 n は日本語の「ン」に近い音なのですが、日本語とは決定的に違う、肝心なツボがあります。 それは、n は舌を上の前歯の裏に当てて鼻声で作る音で、かつ、口を閉じては出せない音だ、ということです。 日本語の「ン」は舌がどこにいても口を閉じても出せますが、英語で口を閉じて n を発音しようとすると m と聞き取られてしまいます。 n の音のポイント******************* 舌を上の前歯の後ろに軽く当てた状態で、 口を軽く開けて、鼻から息を抜きながら出しましょう。 ******************************* ■テレビドラマから n の音を探ってみる 鼻風邪を引くと日本語もナニヌネノは苦しいですが、では、英語の n の音は鼻が詰まると、どうなるか…を見てみます。 アメリカの人気テレビドラマだった「フレンズ」に、こんなエピソードがあります。 登場人物の Monica は風邪を引いたようですが、自分では認めたくありません。 大丈夫だよ!”I’m fine!” と言っているつもりですが、 シッカリ鼻がつまっているので、 みんなには、”I’m fine-d!” と、d の音が最後に聞こえてしまうのです。 引用: Monica: (wiping her nose) I have not been sick in over three years! (Sneezes.) (鼻を拭きながら)3年も病気にかかっていないんだもん! Chandler: I’m … Continue reading N の音

Tの音

■T の単独音の練習 口元は自然に力を抜き、舌を上あご、上の歯の後ろにくっつけます。 吐き出す息を舌で一度せきとめ、その後で、舌を弾いてやる感じでTッ! T は声を出さないで作る音なので、のどもとに指を2~3本あてて、T!とやってみてください。 指に振動を感じたら、知らずのうちに声が出ている証拠ですので、 息だけで出すことを意識してみてください。 日本語は「っ」以外はすべて声を使いますから、息の分量については普段は意識しませんが、 英語は吐き出す息の分量が足りないと、相手まで「音」が届かないことも良くあります。 私は、生まれて初めての海外・オーストラリア滞在中、 いくつもの言語をしゃべれる先生宅で発音矯正を受けていました。 その先生はとても熱心だったので、T の音のコツがつかめない私を外に連れ出し、 (野鳥に餌をやるついでに) 歯の裏に半分にしたピーナツを舌で支えて、それを息で足元前方めがけて強くすっ飛ばす! なんてことを裏庭でやらされましたが、 そのくらいやって、ようやく「そうか、声じゃなくって息を使って出す音なのか!」と悟りました。 日本語は声を出さない音なんか使いませんから、なかなか納得できなかったんです。 皆様は、息だけで作る音、と意識して練習してみてくださいね。←絶対、近道です^^ → 最後にくっつきがちな、いらない母音を抜くには… t で終わる単語は多いので、余計な母音が入らないように口元がゆるく力が抜けた状態で、やや横に開いている程度なのを確認しましょう。 トゥやトになってしまうと、英語圏の人には違う音に聞こえてしまいます。(にゃんこ先生はキャットにあらず、Cat の音を出せるようにしておきましょう) 日本語になれた私たちは、母音が入らない音とはなじみが少ないので、 最初は違和感があると思います。でも、その違和感こそが外国語を学ぶ醍醐味。ぜひ、楽しんでくださいね。 ■Glottal T (つんのめる感じですっ飛ばされる T の音) ・つんのめって飲み込まれる T (glottal stop) たとえば、気軽なおしゃべり会話の中では、 単語の definitely の t の音は、飲み込まれてしまってほとんど聞こえません。 心持ち、「ッ」が入っているような感じがするだけ、という感じ。 これは、*音の脱落が起きているため、T の音が glottal stop(舌の位置は t ですが、息をはじく代わりにつめて終わりにする)になっています。 T の音を「ッ」とつんのめる感じで、次の音に続くようにすると、上手くいきます。 この t をはっきり発音してしまうと、 … Continue reading Tの音

B と V を使い分ける

カタカナアルファベットだと、Bは「ビー」、Vは「ブイ」と 言いかえて覚えてしまっているために、 いざ、BやVが入った言葉の発音をしたり、聞き取りをするときには、 英語圏の人からすると、しっかり区別がつきにくい音になってしまいがち。 BとVのように、良く似た音の場合、 発声練習をしてしまったほうが、聞き取りも早くできるようになるので 今日は、BとVをしっかり練習してみましょう。 ・Bの発音は、唇と唇がくっついている状態から発音するのが特徴です。   カタカナのバビブベボと近い音の出し方ですね。 ・Vの発音は、上の歯を下唇にあてた状態から発音するのが特徴です。   カタカナのバビブベボとはしっかり区別したい音、   学校で「ブイ」と覚えるよりは、ヴィーと教えていただきたかったものです。 動画で練習をしてみましょう。 この、Vの発音…「上の歯を下唇にあてた状態」というのは、 下唇に上の歯を当てて出していきますが、次の音を続けて言いにくいときは 上の歯が下唇に触れているのは必須ですが、 「下唇のやや内側」←「薬用リップや口紅を塗らないような内側」 「「唇」と「口の中」の間」で、通じる音が出せます。

アメリカ式 R の音

アメリカ式の R の音は、舌がどこにも触れず、さらに口の中の空洞で音をくぐもらせるのが特徴です。 R の音は、口の中の空間でくぐもらせた音なので、実際に R 音を出す前に、口の形を作ってみましょう。 まず、口と唇を前に突き出します。(Mouth and lips come tightly forward) 次に、舌を後ろに引きます。(Tongue moves back)

Flap T

米語では、ときどき T の音は flap t として発音されます。 普通の t は、舌を上あごにくっつけて、息をそこでせきとめて、 「Tッ!」という感じで、息をはじき出してつくる音です。 (参考記事→ T の音 ) これに対して“flap t” は、舌が優しく上あごをタップするように作る音です。 このため、息を強く出して出す t の音よりも、どちらかと言えば、d に似た音になります。 とはいえ、素早くつくるこの音は完全な d の音ではないので、日本語に慣れている私たちには、 「ラリルレロ」に近い音で聞こえることも多いでしょう。

R-controlled Vowels (er, ir & ur)

er & ir & ur は、あいまい母音からはじめて、Rの音へ移行しながら作って行く音ですが、出だしの音も終わりの音も、両方とも日本語では使わない音です。 ではまず、英語圏の子どもたち向けにつくられた動画を見てみましょう。続いて、あいまい母音とRの音を分けて練習してみます。