英語の音節

最も小さなひとまとまりの音のことを、音節 (syllable) と呼びます。日本語は1文字=1音節の言語ですので、文字数=音節数となります。 文字を数えつつ「5,7,5」と綺麗に俳句が詠えるのも、 この文字数=音節数のおかげですね。 一方、英語には子音だけの音があるので、(声を使わない音もありますから) 単語に含まれる母音を中心にして音節が作られていきます。 このため、一目で音節数がわかる日本語と違って、文字数と音節数は一致しません。

R-controlled Vowels (er, ir & ur)

er & ir & ur は、あいまい母音からはじめて、Rの音へ移行しながら作って行く音ですが、出だしの音も終わりの音も、両方とも日本語では使わない音です。 ではまず、英語圏の子どもたち向けにつくられた動画を見てみましょう。続いて、あいまい母音とRの音を分けて練習してみます。

音の脱落・消失 (elision)

■性質の違い 私たちは英語の授業に触れる前に、日本語として読みやすいように充てた「ローマ字」を習いますよね。その後の授業も読み書き英語が主流ですから、頭の中で読む英語は「一文字一音である日本語の音」にしっかり変換されているはずです。このため、実際の英語の音に接したときに頭の中のデータベースにある音と一致せず、「一体なんなんだ!」となりがちです。この混乱状態のまま練習を続けるのは大人には辛いので、練習に入る前に、英語の特徴を理解しておくのも一考です。

L の音

■「くっつき虫のLの音」 L の音は日本語ではラ行で代替しますが、 カタカナとの一番の違いは、舌が上あごにくっついているということです。 ラリルレロ、は一音ずつすべてに母音が入っているので、 舌で上あごを軽くタップする軽やかな音ですが (ラリルレロ、と言うと、どの音を出しても舌が5回タップするはずです) これに対して、